歯科クリニック検索

歯周病

歯周病治療
Mobile dental Nabigeshon

歯周病治療に実績がある歯科医院・デンタルクリニックを簡単に探せて電話が出来ます。

歯周病の治療は定期的に通院することになるので、通院しやすいところで探すのがいいでしょう。

歯肉炎のうちに治療を始めましょう、日本歯周病学会の認定医・歯周病専門医をチェックする際は下の「専門医」をクリックしてください。


銀座

銀座の歯科医院。








新宿

新宿の歯科医院。








渋谷

渋谷の歯科医院。








池袋

池袋の歯科医院。








青山

青山の歯科医院。








東京

東京駅の歯科医院。








赤坂

赤坂の歯科医院。








上野

上野の歯科医院。







メールでのお問い合わせ

検索リストは日々更新中です。
あなたの周りで歯周病治療で評判のいい歯科医院・歯科クリニックがあればご紹介ください。

メールはこちらへ

評判がいい歯医者さんは予約を取るのが大変です。それは歯医者さんに定期的に通院するということのメリットを知ってしまうからです。


歯周病治療について

歯周病の治療をする際の病院の選び方には、まず評判のチェックですがなかなか歯周病の口コミというのはみつかりません。
歯周病の治療を積極的に行っている歯周病ケアを、しっかりと歯科治療で大切なものと考えている歯科病院を見つけることが必要なのです。

歯周病は歯茎の炎症症状が治まったり悪化したりを繰り返す病気で、人によって歯周病の症状はさまざまで、非常に早く歯肉炎から歯周病へ症状が進行してしまう体質の方もいるようです。
これは、歯周病を悪化させている歯周病菌か数種類いること、そして炎症を引き起こしているのが口の中の歯周病菌だけではなく、その人の体調やストレス、飲酒や喫煙などの生活習慣も歯周病の要因となっているからだと言われています。
ですから、初期の歯肉炎には気付かず、2〜3日歯茎が腫れていても炎症が自然に治まって治るということを繰り返し、歯肉炎が歯周病に進行していることも、自分が歯周病になっているということにも気がついていない人もいます。

口の中の細菌は常に数百種類存在していて、歯周病を引き起こすと言われている歯周病菌も数十種類いると考えられています。
歯周病の原因となる細菌を歯ブラシや専用器具を使って取り除いて、常にケアをするのでは追いつかないと考えて、位相差顕微鏡を使って細菌の状態を確認し、歯周病菌がいることが分かったら歯周病菌の除去薬剤の内服とカビ取り液体歯磨き剤の使用を行う歯科医院もあります。
本人の体調やストレスと炎症を起こす歯周病菌を除去して、毎日の正しいケアをしていくしか歯周病の進行を止める方法はありません。

歯周病治療の保険治療と自由診療

歯周病の治療をする病院を選ぶ際には、健康保険の範囲内でやる保険治療を選ぶのか、保険外の自由診療を選ぶのかでも治療方針は変わってきます。
必ずしも自由診療だから絶対治るというワケではありませんが、オプションがある歯科病院を選んで相談してみることや、セカンドオピニオンとして相談をしてみるのもいいと思います。

健康保険の治療を行っても保険外の治療を行っても、正しい毎日の歯ブラシでの自己ケアと、定期的なプロの手による口腔ケアは欠かせません。
歯周病治療に力を入れている歯周病学会の認定歯科医の歯科医師の先生を探してみるのも一つの方法ですが、初期の歯肉炎であれは完治させることも可能ですので、まずは検査を受けてみるのがいいでしょう。
歯周病になってしまうと治療は一度では終わりませんし、半年に1度は最低でも定期検診が必要と言われています。
費用も掛かりますが通院しやすい歯科医院でメンテナンス治療を受ける必要があるのです。